一休さんナイガイ及びGONKIYAグループはSDGs(持続可能な開発目標)の達成による「より良い世界」づくりに取り組んでいます。

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」社会の実現をめざしています。経済・社会・環境をめぐる広範な課題に統合的に取り組むものです。

※SDGsとは、「Sustainable Development Goals」の略称のこと

私たちの取り組みをご紹介します。

   一休さんナイガイの取り組み    

目標3:健康と福祉

一休さんナイガイでは、全ての施設において「建物内禁煙」として受動喫煙の防止にご協力とご理解を頂いております。

目標4:教育

一休さんナイガイでは、お葬式のことだけではなく「生きることの意味」を広く伝えていく活動を「終活セミナー」の提供を通じて推進しています。

目標5:ジェンダー

一休さんナイガイでは、家事や出産、育児に対する積極的な支援も行い「性差別なく平等に活躍出来る社会」実現の一翼を担っています。

目標7:エネルギー

一休さんナイガイでは、ごんきや本社社屋やグループ葬祭会館の屋上に太陽光パネルを設置し「再生可能エネルギー」を作り出しています。このクリーンエネルギーは、万が一の災害時・非常時にも活用できます。

目標11:まちづくり

一休さんナイガイでは、社員一人ひとりが様々な社会貢献・地域貢献活動に積極参加しています。私たちが生かされているまちを、もっと住みよいまちに。

目標14:豊かな海

一休さんナイガイでは、海や生態系を破壊するマイクロプラスチック削減とその他様々な環境保護活動に賛同し、推進しています。

私たち一人ひとりのチカラは小さく弱いかもしれません。
でも、決してあきらめることなく「一人ひとりにできること」を集めれば、それは必ず「大きなチカラ」になり、世界をより良く変えていく一歩になると信じています。
みなさまもまずは「自分にできること」から始めてみませんか。